2017年5月に読んだ本♪

5月の読書メーター
読んだ本の数:1
読んだページ数:571
ナイス数:16

萩殺人事件 (光文社文庫)萩殺人事件 (光文社文庫)感想
久しぶりの浅見光彦シリーズ。だけど浅見氏は今回脇役です。登場からの後半の方が楽しかったのでクロスオーバー作品の汚れちまった道を読むことにしまっす。
読了日:05月01日 著者:内田 康夫





実質は4月中に読んだ本でした
あは( ´ ▽ ` )あはあは( ´ ▽ ` )あは

5月は気管支炎の咳止め服用で
読書は無理でした
ひと月経過するものの
未だにゴホゴホと

(^・ω・^).....ンニュニュ?
なんなのでしょう
とりあえず読めずに返却してしまった図書館本を再度借りてみよう( `ー´)ノ

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

2017年4月に読んだ本♪

4月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1444
ナイス数:79

ガンルージュガンルージュ感想
ありえない設定なんだけど面白くて一気読み。同性だからなのかな。楽しかった。
読了日:04月01日
著者:月村 了衛


やぶへび (講談社文庫)やぶへび (講談社文庫)感想
途中からタイトルが頭から離れなくてしまい、結末がそっち~?と勝手に想像するもある意味オチのつく心地よいラストだったかな。
読了日:04月04日
著者:大沢 在昌


仮面病棟 (実業之日本社文庫)仮面病棟 (実業之日本社文庫)感想
病院の当直医が事件に巻き込まれる。明朝までに解決するのだろうか。結末が気になって一気読み。
読了日:04月07日
著者:知念 実希人


時限病棟 (実業之日本社文庫)時限病棟 (実業之日本社文庫)感想
病院のレイアウトを見て『あれ?ここは』そうなんです。田所病院なんですね。こちらも一気読み。読者を惹きつけるのが上手ですね。
読了日:04月14日
著者:知念 実希人



月村了衛さんは知り合いさんお勧めの作家さん
ドンパチが苦手なのでイマイチのめりこむことができない。。。うう。。

病棟2作品読了後
なぜか脱出ゲームアプリで遊びだす
寝不足が続きました
あは( ´ ▽ ` )あはあは( ´ ▽ ` )あは
やぶへびもどちらかというとハードボイルドになるのかな
こちらは楽しめました
ただ、中国人の名前(よみかた)が覚えられず
主人公の偽装結婚した嫁さまは勝手に(とめちゃん)と名付けて読みました
とめちゃんって?
当ブログのプロフィール画像に載ってる黒っぽい猫ちゃんの名前よ
だって似てるんだもの

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

2017年3月に読んだ本♪

3月の読書メーター
読んだ本の数:1
読んだページ数:347
ナイス数:24

影の中の影影の中の影感想
組に属する人たちをヒーロー化してはいけないが『わしら、最初から地獄のキワキワにおる』という言葉通り読み手もキワキワで突っ走った感じ。
読了日:03月03日
著者:月村了衛


まじ(*。◇。)ハッ!
1冊しか読んでなかったのぉぉぉぉ

その1冊がかなりヘビィでござった

貸していただいている夫のディサービスの責任者さんは
この作者さんが大好きと言っていました

今野作品
伊坂作品
有川作品が恋しくなった。。。

theme : 読書感想文
genre : 小説・文学

2017年2月に読んだ本♪

2月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:1359
ナイス数:45

砂の器〈下〉 (新潮文庫)砂の器〈下〉 (新潮文庫)感想
捜査に行き詰まりなかなか進展しなかった殺人事件。迷宮入りにならず地道な捜査と推理で解決。これ、50年以上も前の作品なのに現代でも十分通用する作品だと思った。当時の夕刊に1年間に渡り発表された長編作品。読者の楽しみにしている様を想像してしまった。亡き父も読んだのかなってね。
読了日:02月07日
著者:松本 清張


ヒトリシズカ (双葉文庫)ヒトリシズカ (双葉文庫)感想
1話完結だと思ったら…。私も主人公の年齢設定に違和感ありに1票。
読了日:02月15日
著者:誉田 哲也


乱反射 (朝日文庫)乱反射 (朝日文庫)感想
何でマイナスの章から始まるのかなと思い読み始める。それぞれの行動が罪とはいえないごく些細なモラル違反。それが重なって不幸な事故が起きた。胸に手を当てて考えてごらん、と言われているようだった。
読了日:02月20日
著者:貫井徳郎



松本清張作品
初読みだったんです
TVドラマで放送されているのはたまに見たかもしれないレベル
それにしてもスゴイっ!そして女性の扱い方があまりにも哀しい
通勤時間が読書時間なので
後半読むペースが速まるも家事に追われるので翌日までお預けでした
食事中、夫から『まだ読み終えてないの?』と聞かれ
私なりの推理をしつつ楽しんでいる事を話していたら



ここからネタばれあり、ご注意を


なななななんと!
『中居が演じてたでしょ、犯人』
『え。(固まる)』
『俺は見てないけど、CMで流れてたでしょ』
『ちょっと、(それ以上言わないで )』
『音楽家のやつ』

もうね、ここで星 一徹と化しておったのですけど
片付けるのはあひですから
押えました
ちゃぶだいはそのままで(笑)
犯人言われちゃったよ
言われて見れば指揮棒?持ってる仲居くんのイメージが。。。

お楽しみがフライングダイナソーに乗った気分でございました(未経験だけど)


ヒトリシズカは
1話目の内容があまりにも簡潔過ぎて
これが続くのかと思ったらとんでもない(笑)
繋がってるんかい
こちらもネタばらしですね
あは( ´ ▽ ` )あはあは( ´ ▽ ` )あは

乱反射は大人の道徳教本みたいです
考えさせられること沢山ありました
言い訳になるけれどタラレバですよ
という事は全て未然に防げる事ばかり
絵葉書の差出人、登場人物のひとりなのかな


読書冊数は少ないけれど
かなりの読了感でございました( `ー´)ノ

theme : 読んだ本の感想等
genre : 小説・文学

2017年1月に読んだ本♪

1月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:1483
ナイス数:37


理由 (朝日文庫)理由 (朝日文庫)感想
犯人はだれなのか、殺された家族は。。。
読了日:01月18日
著者:宮部 みゆき


代償 (角川文庫)代償 (角川文庫)感想
息子の成長を楽しみに過ごしている家族が遭遇した悲惨な出来事から始まり、これ以上読むなと心臓が過激に反応する。タイトルの代償とは誰のことを意味するのだろう。数少ない楽しかった思い出。『悲惨な毎日だったからこそ、宝石のように輝く思い出だ』この言葉に涙を流す。
読了日:01月25日
著者:伊岡 瞬


砂の器〈上〉 (新潮文庫)砂の器〈上〉 (新潮文庫)感想
ん?『カメダ』という地名?東北弁?どこかで聞いたことがあるな(笑)それは別としてとても読みやすい。事件解決に下巻へと進もう。
読了日:01月31日
著者:松本 清張


毎日持参していたんですけど
ペースが遅かった

宮部さんの理由は
発売当初、毎週のようにランキングに登場していた本でした
本当に犯人はあの人なのか
解明するまでの不安とともに読み進んだ感じです

代償は。。。
こんなにも醜い人間が登場する話についてゆくのが辛かった
ただ、この登場人物もある意味、被害者なんだなと思った
良心を崩壊させるような育ちに心底腹がたった

砂の器
月を跨いで下巻に続きます(笑)

theme : 読んだ本の感想等
genre : 小説・文学

ブログランキング
参加しています

FC2ブログランキング

こちらにも参加しています♪
プロフィール

あひたん

Author:あひたん
FC2ブログへようこそ!

夫☆あひたん☆息子☆真ん中娘☆末っ子娘の5人家族

夫は脳梗塞からの右片麻痺
寒い季節は緊張して動きが鈍くなりますが
デイサービスでは人気者♪
お茶会を楽しんでいるようです^^


息子は結婚して
お嫁ちゃまとラブラブ中
念願の長男くんが誕生です

真ん中娘はキャリアウーマンを目指していましたが
電撃結婚
そして長女ちゃんが産まれました

末っ子娘は介護職員
とりあえず3年頑張る♪
3年は経過いたしましたが
リーダーとして継続中
ストレス発散は全て舞浜
家にいるより夢の国にいる方が多いです

母はアルツハイマー型認知症
週2ペースで実家に通っています
ご近所さまの協力にただ感謝の毎日です♪


どちらかというと
窮地、試練の連続ですが(笑)
辛いことばかり書いても凹むだけ

お気に入りや
こんなことあったよ
(たまに愚痴もね)
などなど紹介します。

人生いろいろ♪
良い事ばかりではないけれど
生きているだけで丸儲けさ♪
ってことにしようか
(*≧m≦*)ププッ

たま~に訪問履歴から
みなさまのところにお邪魔するかもしれません
コメント残せなかったらごめんなさい(*/∇\*)キャ

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事+コメント
カテゴリー
過去ログ +

2017年 10月 【6件】
2017年 09月 【13件】
2017年 08月 【12件】
2017年 07月 【2件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【8件】
2017年 04月 【19件】
2017年 03月 【13件】
2017年 02月 【10件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【6件】
2016年 10月 【13件】
2016年 09月 【12件】
2016年 08月 【18件】
2016年 07月 【18件】
2016年 06月 【12件】
2016年 05月 【12件】
2016年 04月 【15件】
2016年 03月 【14件】
2016年 02月 【9件】
2016年 01月 【11件】
2015年 12月 【9件】
2015年 11月 【11件】
2015年 10月 【7件】
2015年 09月 【12件】
2015年 08月 【16件】
2015年 07月 【5件】
2015年 06月 【9件】
2015年 05月 【7件】
2015年 04月 【16件】
2015年 03月 【15件】
2015年 02月 【15件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【20件】
2014年 11月 【23件】
2014年 10月 【23件】
2014年 09月 【19件】
2014年 08月 【27件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【17件】
2014年 05月 【16件】
2014年 04月 【17件】
2014年 03月 【11件】
2014年 02月 【19件】
2014年 01月 【20件】
2013年 12月 【26件】
2013年 11月 【23件】
2013年 10月 【22件】
2013年 09月 【20件】
2013年 08月 【14件】
2013年 07月 【23件】
2013年 06月 【18件】
2013年 05月 【18件】
2013年 04月 【21件】
2013年 03月 【14件】
2013年 02月 【16件】
2013年 01月 【8件】
2012年 11月 【3件】
2012年 07月 【1件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【1件】
2012年 01月 【1件】
2011年 09月 【1件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【9件】
2011年 06月 【8件】
2011年 05月 【6件】
2011年 04月 【12件】
2011年 03月 【22件】
2011年 02月 【19件】
2011年 01月 【17件】
2010年 12月 【19件】
2010年 11月 【14件】
2010年 10月 【19件】
2010年 09月 【22件】
2010年 08月 【26件】
2010年 07月 【26件】
2010年 06月 【20件】
2010年 05月 【29件】
2010年 04月 【25件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【26件】
2010年 01月 【22件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【18件】
2009年 10月 【25件】
2009年 09月 【15件】
2009年 08月 【19件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【19件】
2009年 05月 【29件】
2009年 04月 【18件】
2009年 03月 【25件】
2009年 02月 【30件】
2009年 01月 【31件】
2008年 12月 【36件】
2008年 11月 【21件】
2008年 10月 【27件】
2008年 09月 【30件】
2008年 08月 【27件】
2008年 07月 【34件】
2008年 06月 【31件】
2008年 05月 【32件】
2008年 04月 【22件】
2008年 03月 【28件】
2008年 02月 【19件】
2008年 01月 【21件】
2007年 12月 【24件】
2007年 11月 【19件】
2007年 10月 【15件】

blogram
最近のトラックバック
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

BlogPeople
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
モブログはこちら
QR
モラタメさん♪
モラって♪タメして♪
Bellunaさん♪